読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星になったShougoへ

亡き息子との想い出と、その後の家族の日常。時々ハンドメイド

励ましの言葉

娘について今までも少し触れましたが、姉弟とても仲良しでした。

弟を亡くし、辛いだろうなと娘の苦悩を思うと、余計に心が痛みます。

子供が三人いるので少しは気持ちもまぎれるのかなと思いますが、弟が亡くなり9ヶ月が過ぎて最近では自宅で仕事を始めました。

実は私もそろそろパートに出ようかなとタウンワークを見始めました。

 

娘も母も主人も、そして私も心に悲しみを抱えながらも少しづつですが前向きに歩きだしました🙂

 

これまでブログでも何人もの人に励まされて温かいコメントを頂きました。

娘ははてなブログはしてませんが私の読者登録だけしてくれていて、いつも読んでくれています。

きっと娘もコメントを読んで元気が出たと思います。ありがとうございます‼️

 

産まれてからこれまで、どれだけの人に支えられ生きてきたのかなと考えました。

 

生きることは本当に大変です。今までも色々とありました。

私は一人っ子だったし、親も病気がちで貧乏だったから親に頼れないことの方が多かったです。

 それでも何かあるたびに悲しみを希望に、涙を笑顔に変えて、乗り越えてきました。

友人に

(いつも前向きで偉いね)

と言われた事があります。

 

それは私を思ってくれる励ましの言葉があり、見守ってくれた人がいたからです。

 

今までも一人だったらどうなっていたかわかりません。人は言葉によって元気をもらい、それが希望や勇気に変わり、前に進めるのだと思います。

 

それは本の中の言葉もそうだし友人、知り合いだったり…。

私の身近に生きる方向を教えてくれる人がいることも、私が強くいられる一つの理由です。

 

息子が亡くなったことに関しても、

(いつも近くにいて見守ってくれていますよ、亡くなってもいつも親子は一体です)

と言ってくださいました。

 

今はまだわかりませんが、いつか息子が見守ってくれていると実感出来る気がします。

 

f:id:ShougoMama:20170422232412j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

提灯袖にウットリ

玄関に幾つかの鉢植えがあります。

去年に植えたブルーベリー、花が咲きました。

恥ずかしながら、始めて見ましたがあまりの可愛さにウットリしてしまいました。

f:id:ShougoMama:20170421213955j:imagef:id:ShougoMama:20170421214016j:image

 

木が小さいのでこんなに花が咲くと思いませんでした❣️

 

懐かしい形だなと思ったら、小さい頃に着ていたワンピースの袖に似ています(^.^)

素敵✨

 

f:id:ShougoMama:20170421214828p:image

それからこの手前のグリーンにも花が咲きました。

こちらも去年植えましたが、花が咲くと思ってなかったので、感動‼️

 

名前がわからず💦

今度、植物図鑑でも買ってこようかなあ!

それから図書館に行って調べるか…!

今は分からないことがあってもすぐにスマホで調べられますが、道端に咲いてる花とか鳥なんかは図鑑で調べたりすると楽しいですよね!

 

 ちなみに国語辞典なんかも今は使う人も少ないと思いますが、使った方が言葉の引き出しも増えるし頭も良くなるらしいです。

 

便利なものは時間の短縮になるのでどんどん活用した方がいいと思いますが、時には心にゆとりを持って時間や体も使えば新しい発見にもつながるのではないでしょうか。

 

毎日忙しいですが、心にゆとりを持てる人は素敵だなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息子の旅立ちの日

一番最初のブログで裁判の事を記しましたが、息子が亡くなった日の事はまだだったので記します。

 

その日、朝の6時過ぎに電話がなった。

こんなに早く誰だろうと電話に出たら病院からだった。

「息子さんが事故にあわれました」

私は一瞬声が出なかった。

「それで息子は怪我をしたのですか?」

「詳しいことは病院についてからお話しします」との事。

私は嫌な予感がした。

バイクの後ろに女の子を乗っけて何かあったのかな、もしかして話せないほどの大怪我なのか…。

その日はたまたま遅番だった主人を起こして病院に行った。

 

最悪の結末だった。

息子の顔に白い布がかけられていた。

 

夢の中なのか、現実なのか、何が何だかわからないけど私は泣き叫んでいた。 

 

 

今覚えているのは息子の顔はとても穏やかで笑っているようだった。

私に笑顔で話しかけてくる表情と一緒だった。

何かの間違いできっともう少ししたら息子は起きるだろうと思い、重なり合った手を無理やりほどいてその手を握った。

手も体もまだ暖かかったのを覚えている。

 

 

その後は親戚や友人に電話をしたり、色々な人が家に来たりして忙しかった。

悲しむ余裕もなく通夜。

息子は高校卒業してからもバスケ部のOBで学校に顔を出していたので、10年近く経つのに先輩、後輩、顧問の先生、同級生が多数来てくれて嬉しかった。

 

それから近所の方、主人の友人が率先してお通夜、葬式の受付をしてくれて本当に感謝しています。

 

27年の短い生涯だった。あっという間でお別れも言えなかった。

お姉ちゃんは一人っ子になっちゃって寂しそう。

お婆ちゃんもいつも孫の話をしている。

甥っ子も「しょうごが生きていたらいいのにね(呼び捨てに呼んでいた)」と時々話す

彼女もいつまでも泣いていたね。

残された家族は寂しさでどうにかなりそう。

 

 

でも息子は?

幸せだったと思う。

結婚は出来なかったけど、やりたい事は色々してきたんじゃないかな!

一生懸命生きて来たよね〜!

 

家族の悲しみが時間と共に形を変えていく。

感謝や生きる強さに。

 

人間の一生は年数ではない。

どう生きてきたか。

 

残された家族が幸せになる事が、息子が一番望んでいる事だと思う。

 

私も父ちゃんも息子に出逢えた事に感謝している。

また来世でもきっと会えると信じて、それまで頑張って生きていこうと思う。

少しでも人の役に立てるように、その気持ちを忘れずに。

 

今までありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝物発見

息子の部屋はドアが閉めたままになっていて、最近はずっと部屋に入っていなかった。

母が前に泊まった時は息子のベッドで寝たのだけど、部屋に入ったのはその時以来かな。ほとんどが、変わらず に置いてある。

ベット、本棚、テレビ、テーブル。

 

部屋はこれ以上はもう何も置かれないぐらいな勢いで物が置いてある。

 

一番多いのが洋服。箪笥の中にかけてあって、入りきらない服はベットの下の引き出しと何個かのボックスにも入れてある。

本棚には漫画が隙間なく並んでいて、それにゲーム類やAKBのパンフやらぬいぐるみ(彼女にもらった?)、フィギュア(UFOキャッチャーで取った)、小さい雑貨がゴチャゴチャとあっちこっちに置いてある。

子供の時から整理整頓が出来ない子だったなあ。

服でも雑貨でも捨てる事をしないから、物は増えるばかりでこうなった。

部屋を片付けなさいと何回言ってきたか.…。

 

でも考えてみたら文句を言ってた時は何も思わなかったけど、実は私に似たのかな!

 

そういえば他の部屋も見渡すとゴチャゴチャしてる。

 

でも私の好きな物ばかりなのよねえ😙

手芸用品はそれぞれ空き箱に整理していて、プレゼントでもらったリボンを含め、レースやヒモ、フェルト、糸など必要なものばかり。

ボタンはいらない服から取ったのもあれば、前に息子が

「使うと思って買ってきたよ」

と言ってくれたのも含めて、瓶に入れてある。

 

ハンドメイドで作ったのが飾ってあったり、

それから本も増えてきたからそろそろ整理しないと…!

 

f:id:ShougoMama:20170418102200j:image

箱の中には、娘が作ってくれたハンコ消しゴム、ビー玉や貝殻、ハンドメイドのリボン、孫が作ってくれたネックレスなどお気に入りを並べている。

飾るものは気分で変えて、他の物は箱の中にしまいます。

 

断捨離とかシンプルな暮らしとか、その種類の本はあこがれもあってよく読んでるけど、実際は私も息子も無理な事が今わかった。

あれもこれもと欲張りで好きな物がとても多い!

 

好きな物は眺めていたいし、手元に置きたい。

たくさんある中からどれかを選んで置いとくとか私には無理かな。

綺麗な瓶や空き箱に自分だけの宝物を入れて並べておこう。

 

息子の部屋にも宝物発見😬

昔好きだった遊戯王カードが缶の中に丁寧にしまってありました‼️

息子が確か小学生の頃に流行って集めてたかなあ!

10年以上も大切にしまってあったのね‼️

 f:id:ShougoMama:20170418103440j:image

 

先はわからないけど、息子の部屋はしばらくそのままにしようと思う。

 

部屋も物もその人の歴史と一緒。

思い出がたくさんあった方が寂しくなくていい。

 

 f:id:ShougoMama:20170418103453j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

歌の力

坂本九さんの歌を思い出しました。

1985年に飛行機事故で亡くなりましたが、偉大な歌手でした。

名曲の上を向いて歩こう、見上げてごらん夜の星のワンフレーズです。

 

上を向いて歩こう

上を向いて歩こう

涙がこぼれないように

思い出す春の日

一人ぼっちの夜

幸せは雲の上に

幸せは空の上に

上を向いて歩こう

涙がこぼれないように

泣きながら歩く

一人ぼっちの夜

 

見上げてごらん夜の星を

見上げてごらん夜の星を

小さな星の小さな光が

ささやかな幸せを歌ってる

見上げてごらん夜の星を

ぼくらのように名もない星が

ささやかな幸せを祈ってる

 

歌には不思議な力がありますね。

私の為に作ってくれたような気がします。

 

歌を聞けば、懐かしかったり、切なかったり、笑顔になったり色々な感情がよみがえります。

 

私が思い出すのは、息子がカラオケで彼女と歌っていたAAAの曲。

楽しそうに歌っていたのを思い出します。

 

息子の声が聞けないのは悲しくて辛いです。

涙が出そうな時は上を向きます。

空を見ます。

星を見ます。

歌を聞きます。歌を聞けば元気が出ます。

f:id:ShougoMama:20170417004423j:image

 

 

 

 

 

ハンドメイドの楽しい記憶

久しぶりにハンドメイドをしました😀

手芸屋さんで一目見て気に入り買ったビーズキットです。

 

ビーズデコールのリトルウエディング

 f:id:ShougoMama:20170414175357j:image

 

他にも日本の四季や12ヶ月のシリーズがあります。

 

描かれている 水彩画風のイラストの上にビーズやスパンコールなどのパーツを貼ります。テグス編みは初めてで慣れるのに時間がかかりました。 

 

 ゴージャスに見えるように金の額縁に入れて飾りました✨

 ビーズのキラキラがとても素敵です☺️

 

ハンドメイドはとにかく大好き‼️

布小物やビーズ刺繍、編み物、リメイクなどもします。

 

すぐに出来て1人でも楽しめる事を持つことは、大切だと思います。

好きなもの、楽しみな事をたくさん増やせばそれだけ楽しい記憶がたくさん増えるという事です。

 

 子供達が小さい頃は、お揃いの服を作って着せたりしてました。

姉弟だったので、作るのは殆どが黄色でしたが(笑)。

 

息子が保育園に行ってた頃に、ガンダムの布でシャツを作ってあげた事がありました。

とても喜んでくれて、洗濯以外はほぼ来てましたね😬

今となっては楽しい思い出です🍀

 

 

 

 

 

 

雨の月命日

今日は9回目の月命日。

いつものように事故現場へ行ったら、いつもの場所へ花が置いてあってホッとした。

激しい雨だった。

またいつものように私の頭の中は疑問だらけになった。

どうして息子は…?

息子が亡くなる少し前の出来事。

息子は仕事を終えてからすぐに彼女に電話をしている。彼女はその電話に出れなかった。

その後、家に帰ろうとバイクに乗り事故に遭った。

彼女は電話に出れなかった事をすごく悔やんでいた。

私も思った。彼女のせいではないけど電話で話をしていたらもしかしたら事故に遭わなかったかもしれないと。

結局、運命を変える事が出来なかった💦

タイムスリップがあったらいいのに!でも何故なんだろう?

今までどうにもならない大変な事があっても、私はすべて乗り越える事が出来たし、いい方向へ変えていけた。

息子もこの先にはきっと幸せな未来があると思っていた。

息子だけ何故なんだろう?

それは息子本人がもしかしたら知っているのかも知れない。

それは天にいる人しかわからない。

 

 

私は人生の出来事全てに理由があって、何か意味があると思う。

いつかわかる時がくるのでしょうか?