星になったShogoへ、家族の日常とハンドメイド。

亡き息子との想い出と、その後の家族の日常。時々ハンドメイド

人生について…何もない

皆さんのブログを読んでいると、感動の連続です。

私は知らないことが多いから、とても勉強になるし、すごいなあとか羨ましいなあとか、私には真似出来ないとかね、色々なことを感じながら読んでいます。

夢や目標があって勉強をしていたり、職場のために考えていたり、家族のことを思って感謝の言葉があったり、人生についても考えているのですよね。

皆さんそれぞれ自分なりの価値観もあって、日々を一生懸命生きているなって思います。

ブログを書いている人は、皆さんがそうなのだと思います。

適当に生きていたらブログに書く内容も見つからないのだから。

 

私も息子が生きていた頃は目標も夢もあって、願いもたくさんあったけれども、今考えるとそれは息子のことばかりでした。

娘は結婚して幸せに暮らしているのだし、思うことは息子の未来で色々と心配だったしね。

働く理由もは生活費も欲しかったけど、それよりも息子が結婚するときにお金もかかるしと思って貯金もしないとって。

毎日が忙しかったけど、家も買えて日々が充実してたと思う。

 

ブログを読むとね、今は何となく私だけが違う場所にいるみたいな気がしちゃいます。

過去の思い出と生きている私には、未来がどうこうとか、社会がこうなってほしいとか何も考えていないし、今は夢や目標も無くて、人生についてなんて考えられないです。

あ、でも一つだけ息子の未来、来世については考えたりするけれどね。

 

時間が経つのも遅いし、私のところだけ止まっているのかしらなんて思ったりして!

本当にすごくのんびり過ごしてます。

 

家族の一人がいなくなって幸せって何だろうと今は何もよく分からないけれども、主人と愛犬と散歩に行ったり、孫と遊ぶのが今は楽しみで、楽しいこともあるから不幸せではないのだと思う。

 

 

膝掛け

f:id:ShougoMama:20171124072643j:image

 少しづつ進んでいます。

よれっとしているけれども、最後にアイロンをすれば多少は見栄えも良くなるかな(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撫でることは愛しい気持ち

手作り

膝掛けを何かの景品でもらって二枚持っているのだけれど、使うには二枚とも小さいし、娘にあげようとしたら、持ってるからいらないといわれて、数年前からそのままになっていました。

繋げてパッチワークしようと思いついて、せっせとチクチクしています。

 f:id:ShougoMama:20171123072114j:image

ちなみに主人が着ていたネルのパジャマも入っていますよ!

残っていた毛糸で繋げていますが、そんなに大きくはしないけれども、パッチワークって初めてするのですが根気がいりますね。

気長に楽しみながら作っています(^.^)

 

愛しい物

久しぶりに息子の部屋へ入って服を整理してみたけど、たくさんあります。

しょうごはおしゃれだったねと、友人が言っていました。

そうなのかなあ〜?

ただ捨てられないだけじゃないのと私は思っていましたが…。

 

殆ど着ていなかった服は整理して捨てましたが、どの服も思い出があります。

これはよく着てたなあ、なんてどの服を見ても同じ気持ちになってどれも捨てられないです。

さわってみたり、匂いをかいでみたり、そんなことをして思い出に浸っています。

そういえば前に彼女が家に来たとき、写真に写った息子の顔を撫でていました。

その表情を見たときに、とっても悲しそうで…、

それを見て思わず涙が出ちゃいました。 

同じ気持ちなんだなあって…。

私もよく服やらカバンやら、同じように写真も触るというよりも撫でています。

物に命はないけれども、その人が大事に使っていた物を撫でれば、感触なのか温もりなのかが伝わってくる気がしてくるのです。

そして頭の中に思い出が蘇ってきます。

 

撫でることは、大切な慈しむもの愛おしい気持ちを表す行為なのでしょうね。

 

 

 

f:id:ShougoMama:20171123151317j:image 

 

寂しくなったら

空を見よう。

いつも、あの人が、

あなたを見つめ返してくれるから。

 

中谷彰宏

これからいつも一緒だよの本の言葉です。

 

午前中に降っていた雨が上がりました(^.^)

これからミミの散歩に行きながら、空をを見に行ってきます(^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い出、面影、そしていつもの日常

shogoおはようと声を掛けて朝は出発します。

仕事に行って帰ってから掃除をして、少し時間の余裕があったので図書館に行って、ミミの散歩。

そして晩御飯に唐揚げを作っていたら

「唐揚げだけど、違う味出来ないの?

片栗粉を付けるのばかりで味が一緒だからさ」と息子に言われた言葉が急に心に響く。

「今日も味付け一緒だよ!

でも美味しいよ!」

などと言ってみる。

 

テーブルに唐揚げとご飯を並べます。

眼をつぶるとshogoが美味しそうに食事をしている姿が思い浮かびます(^_^)

いつもご飯粒を一粒残らず綺麗に食べてたね。

私のお茶碗に少しでもご飯が残っていたら、即注意されました。

どっちが親かわからない…。

 それからマカロニサラダが好きでしたね!

 

今は主人と二人で食事です。

寂しいですね…。

あ、いけない、また悲しみの感情に浸かってしまいます(*´-`)

 

 

 

 先日、買い物に行ったら息子に似た人に会えました(^.^)

マスクをしていたのだけれども、雰囲気と目元が似ていて、とっても嬉しくなって思わず立ち止まってじっ〜と見てしまいました。

若い男の子がいると、目で追っちゃいますね。

他人が見たら、変なおばさんです…。

 

手作り

りんごジャム作りました(^.^)

 

写真を撮り忘れてて、瓶詰めをしてから最後に撮りました!

f:id:ShougoMama:20171114213620j:image

 

手抜きをしてレンジで使っちゃいました。

すぐ出来ちゃいます。

手抜きでも何でも、手作りがいいですね!

美味しいし、不要なものは入らないので安心です(^.^)

 

豆苗

これ豆苗です。

ちなみに 左の奥に写っているのは、ミミちゃんではありませんよ。

テディベアです!

右側がミミちゃんです(^.^)

 

f:id:ShougoMama:20171118065219j:image

実はスーパーで買って一回食べ終わった根っこなのですが、水に浸しといたらまた芽がたくさん出てきました(^.^)

すご〜い!

前にテレビでみたのですが、もう一回ぐらいはまた水に浸せば根っこが出てきますよ。

さすがに芽が出てくるのは少ないです。

一個の値段で、2〜3個買ったのと一緒ですね(^.^)

皆さんも試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せを呼ぶヒヨコの花

お花屋さんで見つけた、幸せを呼ぶヒヨコ🐤…(書いてありました)

可愛いし、横にある姫リンゴ?がバランスよく入れてありますね。

おすまししている感じがの表情がミミちゃんみたい(笑)

昨日は月命日だったので、息子の御供えに買いました。

 

f:id:ShougoMama:20171110111514j:imagef:id:ShougoMama:20171110111524j:image

 

きっとあちらの世界で楽しく暮らしていると思うけれども、生命は永遠でまたこの世に生を受けるのだからね…今世よりも幸せになってもらいたいです…。

 

 

最近の玄関です。

f:id:ShougoMama:20171110111539j:image

黄色い花、 ユリオプスデージーが可愛いでしよ!

 

玄関に華やかさが増して、出かけるときは元気をもらって朝のスタートをします。

三年前に買ったのですが、毎年この時期に花を咲かせてくれます。

おすすめの花ですよ🌼

 

ハンドメイドの思い出

手作りバックを早速、母にプレゼントしたら、

色が気に入ったと言って可愛いととても喜んでくれました。

いつも母が使っているバックは友人から頂いた黒いポシェット。

布が切れているわけではありませんが、大分使っているのでくたびれた感じです。

買えないわけではないけれども、使えるバックがあるのだからとずっとそれを使っています。

バックも気分によって色違いがあってもいいのだし、用途によって大小あっていいと思うのだけれどもね。

お金ももったいないし、色も形も無難なものが一つあればいいみたいな感覚なのでしょうね。

 

そんなに喜んでくれるのなら、もっと早く作ってあげれば良かったね。

よっぽど気に入ったのか友人にも見せて、可愛いと言ってもらって上機嫌でした😀

 

一時はハンドメイドは古臭いみたいなイメージだったけれども、最近はハンドメイドをする人、買う人も多くて大ブーム。

お金を出せば何でも買える時代だし、ハンドメイドするよりも買った方が安いかもしれない。

でも時間を掛けて心を込めて作って、人が喜んでくれるのは何よりも嬉しい。

 

 

私の父は癌で五年前に亡くなりましたが、まだ元気だった頃に青いマフラーを編んでプレゼントをしたことを思い出しました。

サラリーマン時代に買ったブランドのマフラーを数枚持っていたけれども、私の主人にあげて全部無くなって、真冬になると首が寒そうだったので、編んであげました。

父が暖かいと言って、とっても気に入って出かけるときは必ず使っていたので、私は気を良くしてその後すぐに、お揃いで母に赤いマフラーを編んでプレゼントしました。

母は今でも大事に使っています。

このマフラーは、父に親孝行出来て良かったなあと、今も良い思い出として残っています。

 

最近は服もハンドメイドしちゃってます‼️

 

ある夏、青いブラウスを作って着ていたら、息子が

「それいいじゃん」

と言ってもらったことがありました。

作ったんだよって言ったら黙ってましたがね(笑)

素直に褒めるのは照れ臭いのがあったのかな。

でもビーズ刺繍にハマってたころに、息子に売ってみればと言ってもらったことがありました。

私もいずれはとそのつもりでいたのですが、その頃はまだ自分で納得出来る品物ではなかったのでまだいいよと断ったのですがね…。

今は売るつもりはないですが…懐かしいです😊

 

ちなみに息子自身もブレスレットを手作りして、彼女や友人にプレゼントをしていました😀

 

今日も色々と思い出して、楽しい時間を過ごしました🌈

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手作りバックとりんごおからケーキ

 

仕事がお休みでしたが、朝は早起きして息子との思い出に浸っていました。 

思い出すと悲しくもなり涙も溢れてくるけど、でもその後は嬉しくなるのです。

 

笑顔も泣き顔も寝顔も、それから歌声も私の心に鮮明に残っているから‼️

さあ〜!

今日もお家のこと頑張らなくちゃ😀

 

今日の手芸

昨日から作っていたバックが出来上がりました😀

f:id:ShougoMama:20171103140044j:image

 

写真が暗いくてすみません。

ミミちゃんの足が入ってしまいました。

 

苦手なファスナー付けを頑張って付けたのですが、綺麗に付けられなかったので取ってしまって変更!

ドットボタンにしました。

ファスナーを何回も付け直してたので口の部分が汚くなったけど、何とか完成‼️

ポケットを外側と中に付けたので、細かい物も探さなくていいですよ〜👌

 

最近作るものは自分のと孫のばかりなので、母にプレゼントします‼️

黒い服にもこの色だと合うと思います😀

 

今日のおやつ

昨日焼いたりんごおからケーキ。

小麦粉は入っていないので、とってもヘルシー‼️

砂糖が少し入っていますが、今日は蜂蜜を掛けていただきます。

美味しいです🙂

 f:id:ShougoMama:20171103142051j:image

 

 

友人に会えない理由

息子が亡くなってから十五ヶ月が経ちました。

まだ十五ヶ月です。

息子が亡くなってからは月日が経つのが遅いです。

あと何十年頑張って生きていけば息子に会えるのかなと考えると溜息が出てしまいますね。

 

昨日は友人からメールが入っていました。

「どうしていますか?

会いたくてメールをしてみました」

友人の子供が息子と同い年で、幼稚園の時からのお付き合いなので、知り合って二十年経ちます。

子供同士はあまり遊ばなかったけど、お母さんとは気があって私が引っ越しをして家が遠くなってからも、時々会ってお茶をしていました。

おしゃれでしっかりものの素敵な人。

 

私が息子を亡くした同じ頃に、友人もご主人を癌で亡くされました。

大切な人を亡くして友人もそれまでには様々な苦労をされたのだろうし、悲しみもあって私もどうしているかなとは思ったけれど、何だか自分でもよくわからない、返信していません。

返信出来ないと言った方がいいのかな。

 

私は友人のことを考えながら、息子のお通夜を思い出していました。

娘さんと一緒に来ていて友人は泣いていました。

逆に私は息子の死をまだ受け入れられていなかったし気も張っていたので、笑顔で挨拶をしていました。

ある人に

「泣いているかと思ったけれども案外元気そうだね」

と言われて傷ついたのを覚えています。

 その人は悪気はないけれども、私の気持ちがわかるのかしらと思いました。

 

暗闇の中にいる人に、相手を心底思っての言葉をどれだけ掛けてあげられるのかなと、逆の立場だったら私は何て声を掛けるのかなと考えてみたりしたけれど、本当に言葉って難しいですね。 

相手を思う気持ちはどんな言葉でも伝わるのかなと思うけれども、やっぱり病気の人には病気になったことがある人が、子供を亡くした人には同じ経験をした人が、気持ちがよくわかるのだと思う。

 

話はそれましたが友人の泣顔を思い出したら、息子と私を思う気持ちが痛いほど伝わってきて、泣いてしまいました。

 

実はここに引っ越して来たのは息子が亡くなる一年前。

今までずっとアパート暮らしだったのだけれど、念願の家を買ってここに引っ越して来たのです。

住んでからまだ二年ちょっとだけれど、ここでも知り合いも出来たし、最近は仕事も始めたから友達も出来ました。

ここで知り合った人達は、お付き合いが浅い人ばかりだから私の家族のことなんて知らない人も多いし、気を使われることもなくて、私も気を使わなくていいし、会社では笑顔で話をしたりしています。

前にブログに書いたけれど、息子のことを普通に話をしてたりしてね。

うちの息子もこうなのよね〜みたいな感じで。

そう話せる自分が嬉しいのよね。

まだ息子の死を認めたくない自分がいるのです。

 

引っ越しをしていなかったら買い物に行けば偶然にでも友人とは会ったりするから、逆にそれだったら良かったのだと思うけど、なので葬儀以来、友人とは誰とも会っていないのです。

 

自分の心の奥に閉じ込めてある感情を、本当は出さないと前に進めないのかも知れないけれど今はまだ勇気が出ない。

この友人に限らず実は前にも他の友人からメールがあったけど、やっぱり返事が出せなくてそのままになっている。

どの友人とも二十年以上のお付き合いで子供同士は幼馴染みみたいな間柄なのだけれどね。

何だか私だけが他の世界にいるような気がしちゃって…。

 

 悩みによっては、相談に乗ってもらいたかったり、励ましの言葉が嬉しかったりあるけれども、ときには見守ってもらいたいこともあると思う。

何の言葉がなくてもそれが逆に励ましになることもある。

 

でも 友人ほど大切なものはないから。

 いつになるか分からないけれど、いつか私からメールをしようと思っている。

 

 

 f:id:ShougoMama:20171031135509j:image

 昔から大好きだった、サン=テグジュペリ星の王子さま🙂

息子と顔も髪型もそっくりなのよね〜😗

 

息子は星の王子さまになった。

きっと今は髪の毛を金髪に染めているのかもしれないね🌈