星になったShogoへ、家族の日常とハンドメイド。

亡き息子との想い出と、その後の家族の日常。時々ハンドメイド

失敗は貴重な経験

今日は暖かくて良い天気。

そら君小学校の入学式おめでとう㊗️

入学式はどこの学校も一緒でしょうか?

 

昨日は緊張して眠れなかった子供もいるのかな?

どんなお友達がいるのかな、優しい先生だといいななんて、お話しながら学校に行ったんだろうね😀

笑顔の子供達の光景が浮かんできました。

 

 

 

床屋さん 初体験

昨日は春休み最後の日で、孫に会いに娘の家に遊びに行きました。

この間はお兄ちゃんのりっ君が、床屋さんに始めて行って、昨日はそら君が床屋さんへ初体験😀

二人共、坊ちゃん刈りだったけど今回はスポーツ刈りで、何だか急に大人びて見えてかっこよくなりました❣️

 

 

 美容師の見習い時代

息子は美容師になりたくて、高校を出た後に見習いで働き始めました。。本当は専門学校に行かせてあげたかったけど、その頃はお金の余裕が無かったので働きながら資格を取ると決めて美容室の寮に入りました。

 

美容室では掃除したり外に出てチラシを配ったり、後はひたすらカラーばかりです。息子は皮膚が弱かったから手は真っ赤に荒れて痛そうでした。店が終わってからはカットの練習などして終わるのは11時ぐらい。

たまに休み前に家に帰って来たけど、休みにもかかわらずしょっちゅう先輩から電話がかかって来てて、何のことかよく分からないけど文句を言われてたりしてました。

カットとか技術は好きで一生懸命だったけど、ペーパーの方が疲れて勉強が出来なかったみたいです。

結局、5年間で辞めました。中途半端で辞めて根性がないと思う人もいると思うけど 、

母親としてつい息子をかばった考え方をしてしまう。

専門学校に行ってたら卒業してちゃんと資格を取れたのかなって…。働きながら勉強することは大変だなと思うし、特に美容師はきつくて大変だと聞いているし。

その時はもったいない、時には情けないななんて思ったりしたけど、今は貴重な経験をしたなと思うし、無駄ではなかったと思う。

 

失敗して始めて人の痛みがわかり、自分の弱さやおごり、無知に気付くのではないでしょうか。頑張って来た小さな積み重ねが人生を色濃くしていくと思います。

 

その後は、仕事の休日になると友達の髪のカット、カラーを姉や甥っ子、そして私の髪までセットしてくれました。

 

息子に髪を触られるのは何だかくすぐったいような、気持ちいいような、何とも言えないけどとにかく嬉しかったです☺️

目をつぶるとその時の、手の温もりを思い出します。

休みはのんびりしたいだろうにね☺️皆を笑顔にしてくれた、そんな優しさを持った息子でした。