読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星になったShogoへ、家族の日常とハンドメイド。

亡き息子との想い出と、その後の家族の日常。時々ハンドメイド

前によもぎ餅を作った粒あんが残ってたので、あんみつを作りました(^^)

 f:id:ShougoMama:20170508153649j:image

 

私はもう食べました(o^^o)

息子と主人の分です。

前に作った時には、息子の友達のはやちゃんが来てたので、おやつに出したことがあります。

若い子は洋菓子が好きなんでしょうけど、美味しいって食べてくれました(^^)

 

 

昨日は夢をみました。

娘と息子の彼女と話をしていたら、そこへ息子が帰ってきたのです。

「死んだと思ったあ〜.今までどうしてたの?」

と私は質問責。

それに対して何を言ったかまでは覚えていませんが、なつかしくて変わらない優しい笑顔でしたね。

それにしても、こんなにもはっきりとした夢を見たのは久しぶりです。

 実は前夜に、息子が夢に出てきますようにと念じて寝たのです。

今までもそうしてきましたが、初めて叶いました(^^)

 言葉には出来ないほどの、心に安らぎを感じました。

 

私にとって夢は、ひとときの休息をもたらしてくれるものであり、唯一生きている人の世界と死者の世界が出会う場所といえるかもしれません。

 

 医学博士のエリザベスキューブラーロスは、夢は我々の意識的、無意識的な精神生活全体が演じる魔法のようなものであり、さまざまな感情を束の間だけ再結合させると言っています。

 

夢の中でいいから、家族で遊びに行ったりしたらどんなにか楽しいでしょう。

夢の内容や接続時間を変えたりすることが出来るようになって、毎日夢で息子に会うことが出来たら、悲しみも半分になると思います。 

 

思い通りにいかないのが、夢なのです。

 

今日も息子の夢が見られるようにと、願いながは眠りにつきます🌙

 f:id:ShougoMama:20170508133028j:image