星になったShogoへ、家族の日常とハンドメイド。

亡き息子との想い出と、その後の家族の日常。時々ハンドメイド

年齢に合った楽しみ方

この間の春休みのお話ですが、孫のりっくんとそらくんと二人を連れてクレヨンしんちゃんの映画に行って来ました。

 

次の夏休みの映画の予告は、ポケモンでした。

四年生のりっくんは、見たいと言っていましたが一年生のそらくんは

「つまらないから、やだよ」と…。

最近はりっくんがすっかり大人っぽくなったので、三つ違いの兄弟だとどうしても意見が分かれてしまいます。

別々に映画に連れて行くのも、疲れるしなあ…。考えてしまいますね〜!

つい最近、りっくんには

「はーちゃん(私です)って子供っぽいよね」と言われてしまいました。

はっきり覚えていませんが、何かで遊ぼって私が誘ったら言われてしまったのです(≧∀≦)

 

 つい最近までは、服でもキャラクター物を着たがっていましたがサッカーを始めたこともあって、今ではナイキ、プーマなどの服を好んで着るようになりました。

高学年になると、大分変わります。

 

娘と息子も三つ違いでしが、やっぱりお姉ちゃんが高学年になってから急に遊ばなくなりました。

女の子と男の子だから特に話も合わなくなりますよね。

 

子供が小さい頃は早く大きくならないかなと思っていましたが、孫はずっと小さいままでいてほしいなあなんて思ってしまいます。

 何年かしたら、公園で一緒に遊ぶこともなくなるのかなと思うと淋しいです。

 

ちなみに、主人の休みが合わないので、私一人で結構いろんな場所へ遊びに連れてってます。

 

映画、プール、ショッピングなど…!

 

りっくんが成人になる頃は、まだ私も六十歳なので、またまだ遊べますね!

大きくなれば違った遊び方もあるので、その時その時をめいっぱい楽しめばいいとしよう(o^^o)

 

今日のハンドメイド、小物入れ

f:id:ShougoMama:20170604121828j:imagef:id:ShougoMama:20170604121835j:image 

リップやカードなど、上下に入ります。

パイピングもあったので、結構時間がかかりましたが、可愛く出来ました(^.^)