星になったShogoへ、家族の日常とハンドメイド。

亡き息子との想い出と、その後の家族の日常。時々ハンドメイド

母と暮らせば

母と暮せばのDVDを見ました。

主演は吉永小百合二宮和也

 

長崎への原爆投下によって息子が命を落とします。

亡くなってから3年が経ち遺骨がなく諦めかけたころ、母の元へ息子の霊が現れます。

原爆への強い怒りと突然の不運な出来事に対して、未来を断たれてしまった人生への思いが描かれている親と子の物語。

息子(二宮)の幽霊と言っても、とても明るくておしゃべりで、そんな感じが全然しません。

町子(婚約者)への未練がありましたが、最後には幸せになってもらいたいと考えます。

母(吉永)は息子の再開をとても喜びます。

そして町子の幸せを願いますが、町子が結婚しますと婚約者を連れて来たときには

「どうして町子だけが幸せになるの」

と泣きながら息子に言った言葉が印象的でした。

そして

「町子に嫉妬なんてしてはいけないわね」と。

本当にその気持ちがよくわかります。

 

それにしても、幽霊でもいいから私も息子に会いたいですよ。

もう1年も会ってないのだから最後に見た息子の顔や会話が段々と遠い記憶になっていくのは本当に寂しいし、現実の厳しさに時々、胸が痛くなります。

 

映画では2人が楽しそうに会話をしている場面は、私が会話をしているような不思議な気持ちになりました。

最後のシーンでは、息子は母を連れて一緒に天国に行きました。

 

映画では殆どが親子の会話です。

退屈だったと感じた人もいたようですが、私は息子を亡くした同じ立場として共感する部分があってとても良かったです。

 

また、母親の妄想だったと言う人もいましたが、私は母親の命がもう長くなかったので息子が迎えにきたのかなと思いました。

私が亡くなる時もきっと息子が迎えにきてくれるのでしょうね。

そう思うと、私にとって死ぬことは怖いことはないし逆にそれが私の人生の希望の元なのです。

 それまで一生懸命に生きていく、1日を大切にして思い出をたくさん作って息子に聞かせてあげたいなって思います。

 

それからhappyさん、コメントありがとうございました。

落ち込んでいて仕事も休んでいましたが、今は大分落ち着きました(o^^o)

nekohachさんもブックマークありがとうございます(^_^)

 

実はある人に、息子がバイクの免許を取るのは反対だった、命が弱くて亡くなったと言われました。

その人も私を責めて言ったつもりはないのですが心が痛くなってしまいました。

ずっと泣いていました。

亡くなった原因は、私が免許を取ることを許したからなの?

などと色々と考えてしまいました。

前に弁護士さんには、私がそんな感じのことを言ったときには

「息子さんが悪いことは何もないのです。

全部相手が悪いのです。」

と言ってくださいました。

 

息子に関してはささいな言葉で心が反応してしばらく落ち込んでしまいます。

そのあとは、死生観に関する本を読んだり息子のアルバムを見たりして静かに過ごしていました。

 

ブログの人も含めて、私には励ましの言葉をくださる人達がいます。

いつも私を見守ってくれています。

その人達からは生きる勇気をもらいます。

大変な状況のときには、他人の励ましの

言葉が立ち上がるきっかけとなります。

 

良い人に巡り会えた、それだけでも幸せですね。

 f:id:ShougoMama:20170831063157p:image

 娘と息子。

仲良し兄弟です(o^^o)